スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪メルティブラッド≫青黄ソウルビート

メルブラのデッキレシピです。
調整中なのであとで変更するところあるかも。


MELTYBOOLDタイトルカップ
青黄ソウルビート

Lv0 17
暴君アルクェイド 2
とある日のレン 1
お節介な志貴 2
シオン・エルトナム・アトラシア 4
“混血”秋葉 4
新米薄幸吸血鬼さつき 4

Lv1 11
“直死の魔眼”志貴 4
真祖殺しの真祖アルクェイド 4
暴走アルクェイド 2
“ドクターアンバー”琥珀 1

Lv2 7
遠野家の養子志貴 1
八極拳士都子 2
正義の吸血鬼さつき 4

Lv3 7
真祖の姫アルクェイド 4
シエル 3

CX
十七分割 4
固有結界・枯渇庭園 4


さっちんを使うための構築のはずなのに、さっちんがどんどん抜けてったデッキw
ソウルビートの由来はそのトリガーの数から。

・タイトルカップの環境とか
タイトル全体を通して見ると、Lv1までが圧倒的に強いカードが多いことがわかる。
ただ強カードと言いつつも、そのほとんどはコスト消費がかかるものが多い。1/1 7500や各種絆連動など。
ではLv2はどうかというと、そのLv2も安定構築を求めようとすると、RR遠野秋葉やヒスコハはやはりコストがかかり、軽くて使いやすそうなシオンチェンジはデッキスロットのほうを圧迫する。
というわけで基本的にコスト消費が激しいタイトルだと思うんだ。
あと、同色のキャラでも、特徴やその他の点で混同できない場合もあって、かといって、経験を活かそうとすると多色構築の難易度が跳ね上がるって言うタイトルだと思う。
回収サーチも少ないので、安定したデッキ構築ってのは難しくなるだろうね。
結局メタの中心は、安定して回すために必要な回収カードを有する赤は基本的に入るとして、パワーで押せる黄か緑との二色になるパターンが多いんじゃないかなってところ。

・デッキの特徴とか回し方とか
デッキの特徴としては前述どおり、トリガー数が29枚って言うばかげた構築が特徴かな。
なんでこうしたかって言うと、環境考察から、Lv1~2の間はコスト消費が激しいので、ストックを溜めさせないように出来るだけ早く流したいという目論見があった。
だけど、単純に考えると、Lv0~1ってのはソウル1のキャラがほとんどで、CXを打つか、ストック消費してソウル上げるかという選択肢しかない。
そこで、単純にトリガー数増やせば打点上げられるじゃんってことで、こんな数になったw
あとLv2さっちんを使いたかったので、Lv1の優秀な≪血≫キャラはいないかと探したら、暴走アルクェイド(笑)が見つかって、さらに絆対応のアンコール持ちアルクもいるので、場持ちの良いアンコ持ちか、場を荒らす8500か選べるようにしたってのも一つ。
これらのカードにコストかかるから、素出しではコストかからずに出せて、状況に応じてLv2も踏み倒せる魔眼志貴を入れて盤面アドを一方的に取られないようにした。
最終的に打点でアドをとることが前提なので、その差を活かして一気に勝負を決めるために経験6のLv3シエルで4回アタックも視野に入れる。
ってことで非常に暴力的なデッキとなっておりますww

回し方のコツとしては、Lv1とLv2に上がる時に、レベル置き場にLv3のカードを必ず置くようにすることを心がける程度。
そのために、初手マリガン時にLv3は捨てないで取っておくという事もしていいかも。
これでLv1から経験が満たせて、混血秋葉や応援さつきの効果が使えるようになり、最終的なシエルの経験を達成するのも楽になる。
あと、魔眼志貴のCXシナジーは相手のデッキ構築を判断した上で、どのキャラに対して使うのか計画してから使う。
ぶっちゃけ1/1 7000などに使ったところで効果も薄いので、その時の判断が重要。
できれば打点差付けて先に出てきたLv2キャラなどを狩りたいところではあるね。
こんな感じかな。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

お砂糖

Author:お砂糖
ヴァイスシュヴァルツとプレシャスメモリーズをやっています。
ヴァイスの使用タイトルは、
アイマス
化物語
超電磁砲&禁書目録
メルブラ
ヱヴァ新劇
灼眼のシャナ
あとFate/staynight、ハルヒ、なのは

その他ゲームやフィギュアなどに関しても書いています。
気になる事、聞きたい事、何でもコメントからどうぞ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。